So-net無料ブログ作成

モンスター!?

毎日毎日、問題の起きない日はないわが家。
またもや発生しました。

今回はちょっとデリケートなことなので、「かーたん」は使いません[駐車場]

夕方近く仕事をしていると、ばーちゃんから電話が[携帯電話]

「泣き喚いてて宿題をしないの~[あせあせ(飛び散る汗)]

もちろんチビラの話です[バッド(下向き矢印)]


さかのぼること・・・先週のこと・・・

「先生が家でゲームしたらダメ!禁止です!!って言われた」[もうやだ~(悲しい顔)]

学校から帰ってくると真っ先に口を開いて言いました。

「どうして?みんな言われたの??」

「ううん、俺と〇〇君の2人」

「なんで?」

「授業中、ボーっとしてたから」

「いつまで禁止??」

「集中力が出るまで」

「じゃあ、簡単だね!明日から先生の言うことをしっかり聞けばいいじゃん!!」

「いや、無理だ! 先生が・・・・」

それから涙を流し始めて・・・

「俺、ゲームしたいのに[もうやだ~(悲しい顔)]

「じゃあ、宿題を全部終わらせてからすればいいよ。時間を守って、お風呂とかご飯って言われたら止めて。することをちゃんとすればお母さんはかまないよ」

「でも、ゲームしてるかどうか先生が電話で確認するって言ってたもん[もうやだ~(悲しい顔)]

「だから、ゲームは単なる遊びだから、チビラがしなきゃいけないことをするのに邪魔にならない程度ならいいよ。時間も守るなら大丈夫」

「わかった宿題する・・・」

その日は、なんとかこの会話で落ち着きました。

[exclamation&question]
次の日も同じ会話が[バッド(下向き矢印)]
次の日も次の日も同じ会話が[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
だんだんチビラの口調も激しくなってきてました。

そして、週明け。

仕事中の私のとこへ[携帯電話]

「宿題しろって言ったら、外へ出て行って帰ってこない・・・」

「え[exclamation&question] なんでーーー??」

仕事を終えて家に帰ると、ばーちゃんが心配そうに玄関前にいました。
よ~くみると、チビラもお隣の前の道に泣きながらいました。
なんとか呼び寄せてチビラを家の中へ。

「俺、宿題してからゲームしようかと思っていたのに・・・・先生が・・・・禁止って・・・・俺、したいのに・・・・」

「なんで、家では誰もダメだって言ってないよ」

「だって・・・・先生が・・・・家まで確認しにくるって・・・・言ったもん・・・だから・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

泣き喚いていました。
もう~  柔道教室の時間が迫ってるのに・・・・
なんでこうなるん?[むかっ(怒り)]

私とばーちゃんとで頑張って頑張ってチビラを説得しました。
なんとか3つあるうちの1つだけの宿題を済ませて柔道教室へ行くことが出来ました。

先生の気持ちも分かります。
落ち着きのないチビラにやる気を起こさせてくれてること。
そのためにゲームという「ニンジン」をぶらさげてくれてることも。
でも、チビラの心には「大切なものを取り上げられた」と刻まれました。
そのお互いの気持ちの距離は長すぎます。

2年位前だったと思います。
学校でPTA向けの講演がありました。
ある幼稚園の園長さんで幼児学の先生でもある方のお話を聞きました。
その話の中で「権威」というものが出てきました。

「子供は年齢によってだんだん権威が代わってくる」

と言われました。
「権威」とは子供が従ったり信じたりしていくことみたいなことだったと思います。

「3歳までは母親、それから家族、小学校低学年くらいからは先生、そして友達・・・・」

誰の話をいちばん信じて聞くか。
そんな話でした。


チビラは今小学校3年生。
先生の言うことは「絶対[exclamation]」そう思っています。
だから、嫌々でも宿題をしてます。
たとえサボってても「先生に言うよ!」っていう言葉何より怖い。
そんな先生から「ゲーム禁止令」を出されてショックでないわけがありません。
どんなに父親や母親が禁止令を解除してもチビラには聞こえません。
ただ泣いてるだけです[もうやだ~(悲しい顔)]

親バカかもしれませんが・・・

チビラは毎日9時に寝る(柔道教室の日は9時半くらいになりますが)から寝不足では決してないと思ってます。
学校から帰ってくるのが5時前後で、それからおやつを食べて宿題をして、7時前にお風呂に入って、ご飯を食べて、9時までに歯を磨いて寝る。

結構規則正しい毎日を送ってると思ってます。
その中で好きなこと(ゲーム、まんが、テレビ)をしています。
だから決してゲームだけで授業の邪魔をしてないと思ってます。
なのにゲーム禁止。
しかも家にまで見にくると・・・・
いくら言葉だけとはいえちょっとチビラには可哀想に感じます。


ゲームとは関係ありませんが、、、

チビラのストレスがあるとある癖が出てくるんです。
まずは爪を噛むこと。
実は3年生になってからチビラの爪を切ってあげたことがありません。
ぜ~んぶ自分で噛んで長い部分が残ってません。
入学した頃も半年くらいはそんな状況がありました。
生活の大幅な変化に反応したみたいです。
でも、時間と共になおりました。
なので、安心しきってた3年生でまた訪れるとは・・・
それから鉛筆を噛むこと。
さらにストレスが溜まると出てくるんです。
今まさに真っ只中って感じです。
筆箱の中にキツツキでも飼ってるんか?って思うくらいの無残な鉛筆が並んでいます。
新しいものに替えてもすぐに・・・・
家では宿題をする時くらいしか鉛筆を持たないから全て授業中にやってるみたいです。
どんなに注意しても心のことなのですぐになおるもんでもありませんが・・・

実はこの二つ、1学期の終わりに先生に「学校でしてませんか?」と聞いたんです。
答えは・・・「全然気付きませんでした。」とのことでした。
さらに「そんな繊細な子には見えてませんでした」と。
そうだよね、チビラくんは落ち着きのない能天気な男の子みたいだもんね。
まわりから見ればそう感じるかもしれません。
心のケアは親の仕事だと思ってるから・・・


そんな感じで、今、私と旦那さまとで毎日話し合ってます。

どう接していくことがチビラにとっていいことなのか・・・

先生にもう少しチビラの気持ちを考えて欲しいとかお願いしてみるか・・・

でも、先生に文句をいうことがいいことなのか・・・

モンスターペアレント的な行動になってしまってないか・・・

答えを出すまでにチビラの心が元気になってくれることを願うだけです。

しかし・・・

今日も仕事から帰ってきたら泣いてました。

「ボーッとしてたからゲームはダメ! ちゃんと出来るまで仲間に入れない!って言われた」

昨日は柔道教室があったからゲームする時間すらなかったのに。
ゲームをしたくっても我慢してる現状なのにそんなに決めつけるのもどうかと。

やっぱりモンスター(ペアレント)になりそうな私です。

















すてきなアスリート

さてさて・・・

「見てくるねーーー[exclamation] 触ってくるねーーーー[exclamation][exclamation]

「松本薫少年柔道教室」

石川県立武道館へ行ってきました。
県内中の柔道教室の子たちが集まってきてました。
み~んな柔道着で[目]

道場内は柔道着を着てる人しか入ることができず、保護者たちは観覧席からの見学になりました[たらーっ(汗)]
「金メダル[満月]」近くで見たかったな・・・[たらーっ(汗)]

でも、ラッキーなことに松本選手が武道館へ着くのとかーたんたちが着くのと同じ時間になり、間近で見ることができました[手(チョキ)](「金メダル[満月]」はなかったけど)
思ってたよりも小さくて「女の子!」って感じでした。
かーたんたちをみて、「ニコッ[わーい(嬉しい顔)]」って笑ってくれました。
もうそれだけで大満足なかーたんでした[るんるん]


image-20120924234821.png

おっと! ちゃんと柔道教室の話を書かなくては[あせあせ(飛び散る汗)]

「柔道教室」だけあって、松本選手のお話は子供たちにとってとてもためになるよう内容ばかりでした。

「私は、試合になると自然にやる気スイッチが入る」

すごい精神だな!と感心してしまいました[目]
そんな精神だからオリンピックまで行って頑張れるんですね。
そんな自動に入るスイッチ・・・どこかに売ってないでしょうか?
かーたんも欲しいもんです。

おっとっと・・・また脱線[ふらふら]

どの子供たちも真剣に聞いていました。
そして、実際に練習してる子供たちに指導までしていただいていました。
実際に声をかけてもらってた子たちは、とっても嬉しそうに話を聞いてました。


image-20120924235508.png


そうそう!質問コーナーもあり、いろんな質問が子供たちから出てました。
ただ子供だからか・・・子供らしい質問もありました。

「何歳から始めましたか?」

「どうして柔道を始めたんですか?」

そして・・・

「金メダルは何個持ってますか?」

松本選手「う~ん・・・たくさんありすぎて・・・わかりません」

その次に質問した子が

「トロフィーは何個持ってますか?」

参加者一同大爆笑[わーい(嬉しい顔)]

松本選手「・・・・・・・ たくさんあって、わかりません」

メダルが出てきたからトロフィーも聞かないと!とその子は思ったからでしょうね。

それからみんなで記念撮影を[カメラ]

400人余りの子供たちとパチリ[カメラ]

あまりの人数でうちのチビラがどこにいるか・・・・探すだけで疲れました。

で、習ってる教室ごとにパチリ[カメラ]
この時にチビラは「金メダル[満月]」を見せてもらったらしいです。

「メダルに鳥の絵が描いてあったよ」

と、あとで教えてくれました。

そんな感じで楽しい「松本薫柔道教室」が終わりました。


まだまだ超見習いチビラくんですが、いい経験をさせていただき本当に良かったです[わーい(嬉しい顔)]
どれくらいチビラの胸に残ってるかわからないけど、これから柔道を頑張って習っていくことに絶対にプラスなるとかーたんは思ってます。

ミーハーかーたんにも[目]

あ~~~自動やる気スイッチ欲しい~~~[グッド(上向き矢印)]











暑かったね・・・

一週間天気予報の最高気温の欄からようやく30度台がなくなりました[わーい(嬉しい顔)]

これで暑い暑い暑~い夏も終わったんでしょうか?
そうあって欲しいものです。

この夏、どこへ行くのも何をするにもタオルが手放せませんでした。
ちょっと動くと汗が、ダー[あせあせ(飛び散る汗)]と吹き出てくるから首にはいつもタオルが。
しかもすぐにぐっしょり[あせあせ(飛び散る汗)]
1日に何枚使ったことか。
そんな感じだから着ているTシャツもすぐに汗でぐっしょり[あせあせ(飛び散る汗)]
こっちも何度かの着替えが必要に。
もちろんかーたんだけではありません。
だから洗濯の量も半端じゃありませんでした。
一体、一日に何枚のタオルとTシャツを洗ったでしょうか?
数えるのも怖いくらいでした。
その大量のタオルとTシャツの洗濯から解放されることがどんなに嬉しいことか[わーい(嬉しい顔)]
涼しくなってホントよかったです[手(チョキ)]

さて、ちょっと時間が経ってしまいましたが(いえ、すっごい経ってますが)
前回「楽しみ~♪」と書いた柔道のお話を。

・・・と思いましたが、前置きが長くなりすぎたようなので仕切りなおしします[たらーっ(汗)]





宿題は?

この一週間は・・・長かったです[たらーっ(汗)]

新学期が始まり、呪文のように

「宿題やった?」

学校から帰ってきたチビラにしつこいくらい聞きまくる[耳]
しかもそれはかーたんだけでなく、旦那さまもばーちゃんも。
それにじーちゃんまでも。
さらに

「にーちゃん、宿題やった?」

ミニラまでもが[目]

「うるさい[むかっ(怒り)]

さすがにチビラもミニラに言われればムカついてしまう[ちっ(怒った顔)]

なぜそんなにチビラにみんなしつこく聞くかというと・・・・

チビラくんは3ヶ月ほど前から習い事を始めました[ひらめき]
運動音痴のチビラくん、柔道教室に通い始めました。
練習は、月・水・土の夕方。
あと、大人や中高校生の先輩たちに混ざっての木曜日の夜も。
全部で週4回。
2時間練習して帰ってくると、もうクタクタ[ふらふら]
お風呂入って、ご飯食べて・・・バタンキュ~[眠い(睡眠)]
なので、練習に行くまでに宿題を済ませないと出来なくなってしまうんです。
もちろん翌朝もいつもより起きるのが遅くなってしまい、朝するわけにもいかず。。。。

練習も大変かもしれないけど、規則正しい生活が出来るのでは?と願いも込めて、みんなで声をかけて頑張ってます[手(グー)]

「宿題は?」(笑)[わーい(嬉しい顔)]

そんな超見習いのチビラくんですが、今度の日曜日にラッキーなことが待ってるんです[ひらめき]

「松本薫柔道教室」

というイベントに参加できるらしいんです[目]
松本薫さんとは、先日のオリンピックで女子57kg級出場して金メダルをとった方です。
地元石川県出身の選手。

image-20120907172552.png

次の日が金沢でパレードをするらしいので、その前の日に子供たちのために時間をとってくれたのかな?
すみません・・・まったく詳しいことがわからずに参加するんですが[あせあせ(飛び散る汗)]

かーたんもひと目見たくて・・・金メダルを。。。。
チビラについて行こう[手(パー)]・・・と企んでおります[ドコモ提供]

・・・だってぇ・・一生に一度しかないかもしれないもん[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

そんなわけで、週末も忙しくなりそうです[カメラ]







まだまだ暑いです

新学期が始まって4日が経ちました[ホテル]
学童保育へ持っていくお弁当作りからも解放されたし、たくさんあった宿題からも手が放れて、ホッと一息[犬]
・・・かと思ったけど、なかなか落ち着きませんね[ふらふら]

まだまだうちのチビラくんは夏休みモードなのか、全然しっかりしてません[たらーっ(汗)]
新学期初日、連絡帳を正確に書いてこなくて宿題としてる漢字スキル(ワーク)のページがわからず出来ない[あせあせ(飛び散る汗)]
で、ママ友ちゃんに教えてもらってなんとか済ませました。

「明日からシッカリ書いてくるんだよ[exclamation]

2日目、仕事をしていると、ばーちゃんから電話が[携帯電話]

「連絡帳、真っ白だよ」

えーーー[exclamation&question]

チビラに替わってもらって

「宿題、何するか覚えてない? なんか思い出せない?」

かーたんの気持ちも伝わらず

「ぜ~ん、ぜん[exclamation]

すっごい自信満々な声が返ってきました[がく~(落胆した顔)]

あ~あ・・・・[たらーっ(汗)]

毎日同じママ友ちゃんに聞くのも悪いかと思い(恥ずかしい・・・・)、違うママ友ちゃんにメールで問い合わせました。
それから会社帰りに学校へ行き、連絡の黒板も確認してきました。
それで、なんんとか宿題を終えることができました。

新学期早々、チビラくんはたるみっぱなしみたいです[あせあせ(飛び散る汗)]

シッカリせんかーい[exclamation×2][むかっ(怒り)]

まだまだ暑い日が続いててイラついてるのに、更にかーたんの頭は沸騰状態です[どんっ(衝撃)]

早く涼しくなってほしいものです。

メッセージを送る